~自分を認めるための基礎~自己肯定感を上げる前に

自己肯定感がひくい

自己肯定感をあげる

数年前から、自己肯定感について話されることが多くなっている。

自己肯定感が低い人は、目標が達成しにくく、幸せを感じにくいと言われているが、自己肯定感があがると、目標が達成出来るようになり、幸せを感じることが出来るようになるのだろうか。

私自身、あまり自覚は無かったが、「自己肯定感が低い人」だったのだ。

「え?自分が自己肯定感が低いってわからなかったの!?」

そう思うかもしれないが、人からは「いつもポジティブですね」「いつも明るいですね」と言われていたこともあり、自分の自己肯定感が、そんなに低いとは思っていなかったのだ。

 

しかし、自己肯定感を調べるサイトで計測してみると、意外にも自己肯定感が低かった。

自分でも驚いた。

自己肯定感が低いと、他者にも寛容になることが少なく、常に戦っているということにも気が付いた。

人とも

自分とも

常に、誰かと

常に、何かと戦っていたのだ。

そんな戦いの世界では、願望は叶いにくく、奪われる不安、傷つけられる不安でいっぱいになっていた。

 

日本人は、もともと自己肯定感が低い民族とされている。

「どうせ私は・・・」

あなたは、こんな言葉を使ってはいないだろうか。

日本人の真面目な気質や、謙虚さ

その民族性が、自己肯定感をさげてしまう事に、繋がっているなどと思いもよらないかもしれない。

日本人の美徳とされる、「自分」という物を見ないようにし、小さなころから、他を重んじることが正しいと教えられるからだ。

「自分を認めること」

自己啓発本で、よく「自分を認める」と言う言葉が出てくる。

しかし、「自分を認める」ということが出来ない人の方が多い。

できる自分も、できない自分も、全ての自分を認めるのだ。

そう言われたところで、簡単に出来る人は少ない。

私も、そのうちの一人だったから、「自分を認めることができない」という人の気持ちはよくわかる。

だからこそ、どうしたら自分を認めることが出来るかを、伝えることが出来る。

私自身、色々なセミナーや教材で学び、時間とお金をかけてきた。

沢山学び、頑張ってワークをしても、他の人が起こしているような「奇跡」が自分に起こることがなかった。

「自分を認める」という基本的なことが出来るようになってから、学んだ「点」が「線」となり、描く世界が変化して行った。

10秒スイッチ入門講座は、その基本的なことを簡単に出来るツールである。

10秒スイッチ入門講座詳細はこちら